ライブチャット

ライブチャット紹介

ライブチャットサイトの紹介をしている人

HOME>

ライブチャットの紹介

ライブチャットサイトではインターネット上でチャットやエロ会話を楽しみます。女の子はリアルタイムで映像を配信しながらですのでインターネットというバーチャルの世界なのですが、リアルも同時にそこにあるという世界がライブチャットという遊びです!

チャットガール

ライブチャットサイトではかわいい女の子達とチャットや会話をして楽しむことができます
たとえばエンジェルライブではこんなにもかわいいチャットガール達とチャットをして楽しむことができます。
こんなにかわいい女の子が脱いだりするんですよ!ホントですよ!!

チャットガールページ

ライブチャット一覧

ライブチャット一覧

ライブチャットサイトではたくさんのチャットガールの待機の映像を見て女の子を確認してからチャットを開始することができますので、自分の好みの女の子が絶対に見つけることができます。
ライブチャットサイトはたくさんありますが、紹介をさせて頂いておりますライブチャットサイトは大手サイトが運営している安心して遊ぶことができるサイトです。
ライブチャット一覧ページ

エンジェルライブ  ライブチャットジュエル  DXLIVE  チャットピア  マダムライブ  ワールドジュエル 

ランキング

ランキング

ライブチャットサイトの勝手にランキング1位、今人気がある動画やコンテンツランキングサイトなどのページです。どのサイトがいいのかわからなくて困っておられましたらちょっと覗いてみて下さい!

ランキングページ

覗きサイト

覗きサイト

のぞき、それば現実の世界ならやってはいけない行為ですが、こちらのサイトならそれが可能となります。
ライブチャットとは違った新感覚覗きサイトです。

覗きサイトページ

出会い

出会い

出会いを求めているのは男性だけではありません、女性の方も出会いを求めています。出会い系サイトがなくならない理由、それは本当に出会えるからです。そしてあなたも出会うはずなのです!

出会いページ

風俗用語

淫乱(いんらん)とは、みだらな行いをほしいままにして、性的に乱れていること。色欲をほしいままにしてみだらなこと。 しかし古典では、程度を過ごすことという意味で用いられている。淫乱とは、色欲(性欲)のままに、性道徳に合致していない行動をとることや、そのような様を指している。メソポタミア神話に登場する女神イシュタルは淫乱さと非情さを非難されている。情欲をそそる相手なら、神であろうと獣であろうと賤しい身分の人であろうと、見境なしに性的な関係を持とうとし、関係を持った後にその相手をかならず悲惨な目にあわせた、とされるのである。タンムズという神と関係すれば、彼が死んで地下の死の国に囚われるようにしむけ、アラルという鳥と関係すればその翼を引き裂き、牧人の若者と関係すれば彼を狼に変えたという。

ビッチ、メス犬、イヌ科の動物の雌のこと。転じて尻軽女、あばずれ女、いじわる女、あるいはとてもいやな事などの意味を指す。。必ずしも性的に奔放な女性という意味合いは持たないが、性的にアクティブな女性は他の女性と交際している男性とも関係を持ったり、交際中の男性がいるにも関わらず他の男性にも(秘密裏に)交際するケースがあるため、浮気症の女という意味で性的に奔放な女性がビッチと呼ばれることは英語圏でも頻繁にある。

すけべえ(助兵衛、助平、スケベ)は、すけべい、すけべともいい、(男性が)異性に対して異常に好奇心を示すこと、及びそうした人、つまり好色・好色漢・好き者である。好色な女に対しても、しばしば用いられる。

尻軽(しりがる)とは腰が軽いという意味である。一ヶ所に腰を落ち着けない事を表し、何度も居をすぐに変えるなどの行為を指す。尻軽男、尻軽女等があり、浮気者に付けられた蔑称である。

ヤリマン(やりまん、英:Slut)は、不特定多数の男性と積極的に性行為の関係を持つ女性のことを意味する隠語あるいはスラング(卑語)である。片仮名部分を平仮名でやりマン、ヤリマん、ヤリまんなどと表記することもある。ヤリマンは主に男性の側が用いる隠語で、性行為に積極的で、相手を次々と変えて性行為を行う女性を侮蔑したり揶揄したりするときに使用する。

ヤリマン(やりまん、英:Slut)は、不特定多数の男性と積極的に性行為の関係を持つ女性のことを意味する隠語あるいはスラング(卑語)である。片仮名部分を平仮名でやりマン、ヤリマん、ヤリまんなどと表記することもある。ヤリマンは主に男性の側が用いる隠語で、性行為に積極的で、相手を次々と変えて性行為を行う女性を侮蔑したり揶揄したりするときに使用する。

公衆便所(こうしゅうべんじょ)は、多数の男性と性的関係を持つふしだらな女性を指す日本のスラングである[1]。共同便所(きょうどうべんじょ)と辻便所(つじべんじょ)もほぼ同様の意味で用いられる。また、便所(べんじょ)は、性的対象としての女性を意味する語として用いられる。類義語として、ヤリマン、させこ、郵便ポスト、乗合、イエローキャブが存在する。

処女(しょじょ)とは、性交経験がない女性のこと。また、その女性の状態。バージン、ヴァージン(英語: virginから)とも呼ぶ。

童貞(どうてい、英: Virgin)は、性行為を経験していない男性を指す言葉。

ロリータ・コンプレックス (ロシア語: Лоликон - Lolikon, Lolicon) とは、幼女・少女への性的嗜好や恋愛感情のこと。略してロリコンともいう。ロリコンと略す場合は、幼女・少女への性的嗜好や恋愛感情を持つ者のことも指すことがある。元はLolita(ロリータ)とcomplex(コンプレックス)から成る和製英語である。Lolitaは、中年の男性が年の離れた少女を愛するウラジーミル・ナボコフの小説ロリータ (Lolita)、または、同小説の登場人物である少女の愛称・ロリータに由来する。

同性愛(どうせいあい)、ホモセクシュアリティ(英: homosexuality)は、男性同士または女性同士の間での性愛や、同性への性的指向を指す。同性愛の性質を持っている人のことを同性愛者(どうせいあいしゃ)、ホモセクシュアル(英: homosexual)という。かつて同性愛は違法または異端視されるこことが多かったが、近年は普遍的な人権として尊重されるべきだという風潮が欧米などにおいては見られている。

ゲイ(英: gay)は、同性愛の人々、日本では特に男性同性愛者を指す場合が多い言葉である。この言葉がホモセクシュアリティーを指すものとして用いられるようになったのは、19世紀後半以降である。そして20世紀に入ってその用法は次第に普及していき、20世紀の終わりごろまでには、ゲイという言葉は同性間の関係に関心を持った人々を表すためのスタイル・マニュアルに沿ったものとして、推奨されていくに至った。

レズビアン(英: lesbian)とは、女性の同性愛のこと。

異性愛(いせいあい)、ヘテロセクシュアリティ(heterosexuality)とは、男性と女性の間での親愛や性愛を指す。異性愛の性質を持っている人を異性愛者(いせいあいしゃ)、ヘテロセクシュアル(heterosexual)、あるいは略してヘテロという。同性愛者たちが異性愛者を呼称するときには、ストレート、ノンケなどという事がある。

両性愛(りょうせいあい)、バイセクシュアリティ(bisexuality)は、男性にも女性にも見られる、いずれの性の人に対しても、美的な憧れや情緒的・精神的な魅惑、あるいは性的・肉体的な欲望を抱くような性的指向をいう語。両性愛の性質を持っている人を両性愛者(りょうせいあいしゃ)、バイセクシュアル(bisexual)あるいは略してバイという。この場合、男性・女性という性は、身体的な性(セックス)に加えて、文化的な性も同時に指している。両性愛という語は同性愛および異性愛と並ぶ性的指向の類型であるが、他方、両性愛とは同性愛と異性愛との混合状態であるとする見解もある。またセクシュアルマイノリティという時、バイセクシュアルは同性が好きという部分でセクシュアルマイノリティなのであり、異性が好きな部分はマジョリティであるとする考えから、広義のゲイやレズビアンに含むこともある。両性愛は歴史上、人間社会および動物社会においてもさまざまな形態で観察されてきたものであるが、20世紀後半に入って初めてまじめな研究の対象となった。それでもなお、両性愛が広範囲に存在していた事実や、両性愛の定義については異議が唱えられている。

ふたなり(二成、双成、二形)とは、一つのものが二つの形状を持つことをいい、特に一人で男性と女性の性器を兼ね備えた、いわゆる両性具有を指す。はにわり(半月)ともいう。現代では主に(成人向けの)創作物における概念として使用される。

近親相姦(きんしんそうかん)は、近い親族関係にある者による性的行為である。日本語辞書や文学などの分野ではこの用語が用いられることが多い。ただし、臨床心理学などの分野で児童虐待問題に関連して扱われる場合は近親姦(きんしんかん)と呼ばれることも多い。英語では近い親族関係にある者による性的行為をインセスト(incest、ラテン語のincestusに由来)という。

ライブチャットの紹介その他

ライブチャット紹介をしている人

ホームページをご覧頂き、ありがとうございます!ライブチャットは楽しいですよ!
ライブチャットサイトではかわいいチャットガール達があなたを待っていますよ!

ライブチャット をGoogle Bookmarks に追加